サーモプロセス技術

pdf

pdf

焼き戻し、浸炭、取り出し、焼きなまし、硬化、ニトロ化、保護ガス下での鑞付け、テンパリング、乾燥、アニール処理などは、炉と装置で実行できる幅広いプログラムの使用方法の一部です。コンパクトな硬化炉からコンベア技術とプロセス記録を搭載した全自動装置まで、積層造形で使用される様々な加熱処理プロセスを実現するため、必ずお客様のご要望にお応えする解決法を見出します。

多くの金属は、保護または反応ガス下または真空状態での加熱処理を必要とします。アルミニウムの加熱処理、乾燥または予熱プロセスは通常、空気中で行われます。 

サーモプロセス技術 I

このカタログは、空気中での加熱処理プロセスにおける炉と装置の使用方法、例えば焼き戻し、変質、調質、焼きなまし、硬化、容体化焼き入れ、鍛造、乾燥、アニール処理、予熱などについて記載しています。

製品案内ビデオ

サーモプロセス技術 II

サーモプロセス技術IIのカタログは、可燃性または不燃性反応ガス下や塩浴、または真空状態で行われる様々なプロセスに対応した多様な炉のコンセプトと付属品についての概要を紹介しています。

製品案内ビデオ